金融に関する知識
サポートしてくれる業者

審査を受けるという点

銀行等の金融機関の場合、信用状況や決算書等の書類や業歴で判断を行います。
手形割引を貸付の融資と考えて取り引きを行っていることが多いです。
割引をする手形の信用状況ではなく、個人の信用状況によって取り引きを行うか判断をしていきます。
一方、手形割引業者の場合は、手形の振出人の会社の信用状況を総合的に判断し、手形割引の可否を判断していきます。
手形の信用状況により、手形割引業者は判断を行います。
個人の信用状況は不問となります。
割引枠に上限はなく、担保も不要なことが特徴です。
現金化を行う場合は、即時行うことができ、急な資金繰りの場合も役に立ちます。

手形を受け取る場合には、支払い条件を確認していくことが大切です。
仕事を受注する際に、発行書等に支払い条件が記載されています。
新規の取り引きの場合、業界の一般的な条件にあっているのか確認を行うことが大切です。
また、手形の期限と、金額を先に確認することが大切です。
他にも継続取引等の場合は、今までの条件と変更がないことかも確認する必要があります。
なお、手形の必要記載事項が一つでも抜けると手形が無効となります。
未記入であっても後で補充することが出来ますが、確認を行うことが大切です。
また、10万円以上の手形には、印紙が必要となります。
支払期日も正しいか確認を行うことが大切です。

手形の表面の確認は、受取人の名前と、第一裏書人の名前が同じかどうか確認することが必要です。
名前の誤りや、法人格の漬け間違い等がないように確認を行います。