金融に関する知識
サポートしてくれる業者

審査のポイント

手形割引の審査には、あらゆる要素を多面的に総合判断を行っています。
基本鉄器に振出人会社の信用が大切ではありますが、他にも判断される要素があります。
振出人が上場企業であれば、その企業のホームページ等にIR情報や決算情報が記載されています。
また、親会社がある場合、親会社の信用状況や、手形割引業者の信用情報機関に確認を行い、年商規模にあった手形振出残高等を参考にします。
手形割引業者に寄っては、振り出し銘柄によって割引限度額を設けていることもあります。
また、第一裏書人の裏書や、第二裏書人の裏書がある手形を受け取ることもあります。
手形の裏と表をファックスしてくださいという場合、裏書人の信用度を図っています。
裏書人の信用で、手形割引の可否を審査することもあるくらい、大切なポイントです。

手形割引業者に、手形割引を申し込んだ際に、会社の内容を尋ねられます。
地元の割引業者の場合、会社訪問を行い、受注や生産状況を確認することもあります。
万が一不渡りになった際にも買戻し能力があるとみなされた場合、金額に寄っては割引が可能のことがあります。
また、倒産防止共済に加入している場合に、掛け金の10倍まで不渡りの際に共済から融資を受けることができます。
そのような場合は、融資を受けることができますので、手形割引の対象になることがあります。
また、振出人の信用が合った場合も、偽造手紙の可能性もあります。
見分けるために、手記の無いように不振な点がないかチェックを行います。
過去に取引実績がある場合は、コピー保存ができるので、比較照合していきます。