金融に関する知識
サポートしてくれる業者

融資に変わりはない

手形割引についての基礎知識

手形割引とは、支払期日が到来する前の受取手形を、期日よりも前に資金化する方法のことです。
手形割引では、銀行などの金融機関や手形割引業者などへ、手形割引手数料を支払うことで受取手形を買い取ってもらい、受取手形の額面から手数料分を差し引いた金額を期日前に受け取れるというものです。
この手数料は、年利何パーセントという形で設定されています。
手形割引と似た制度で、手形貸付というものがあります。
これは自社が振り出した手形を担保にして、資金を借入することです。
手形割引は受取手形を買い取ってもらうだけなのに対して、手形貸付は純然たる金銭消費貸借契約ですから、手形割引よりも厳格な審査をクリアしなければなりません。

スピード審査で資金化。民間業者を利用する方法も

手形割引をしてもらうには、銀行などの金融機関に依頼することが一般的です。
しかし、金融機関で割引を受けるためには、割引専用の極度を開設する必要があります。
金融機関に極度を開設するためには、審査をクリアしなければならない上に、審査には時間がかかります。
金融機関の審査をクリアできるかどうか自信が無い、審査を待っている時間がないという時には、民間のノンバンクなどの割引業者を利用する方法があります。
ノンバンクでは金融機関の割引手数料と比較すると、数パーセント程度、割引手数料が高くなるケースが多いですが、簡易な審査で手形割引を利用することができ、割引極度に上限が無く、早ければ即日資金化することも可能です。